ナイル、福利厚生として、社員の起業時に出資する「かどでに出資」を新設

2021.11.25

マーケティングDX事業、自動車産業DX事業を営むナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋 飛翔、以下、ナイル)は、社員が起業しやすい環境を整えるため、福利厚生として、社員の起業時に金銭的支援を行う「かどでに出資」制度を開始しました。

■制度導入の背景
「デジタル革命で社会を良くする事業家集団」をビジョンに掲げる当社は、これまで経営幹部育成を目的とした社員の経営会議参加制度「NNX(Nyle Next X)」、活躍人材の異動希望を1年以内に100%実現するキャリア応援制度「フミダス」、社内での複業機会を提供する「クロスジョブ」制度、副業によるスキルアップを目的とした「チャレンジワーク」制度など、社員の多様なキャリアアップや成長を支援するため、さまざまな人事制度を導入してきました。

日本政策金融公庫総合研究所の調査データによると、起業に踏み切れない大きな理由として自己資金不足があげられます。当社でも、これまで社員が複数起業している実績があり、ナイルに在籍中だけではなく退社後のキャリアに対しても、新たな挑戦を応援したいという思いから、新制度として「かどでに出資」を創設しました。

■制度内容
ナイル社員が独立(起業)することに対し、ビジネスプランや成長性などを考慮して出資を確約し、さらに希望があれば、ナイルがこれまでに培ってきたマーケティングや採用のノウハウ支援や経営体制の支援も行います。

概要(以下は一部)
・対象者:基本、正社員のみだがアルバイト社員、あるいは退職済み社員についても相談は受け付ける
・出資要件:代表取締役として起業する場合のみ
・出資額:金額や出資比率はバリュエーションに基づき決定

■人事役員 土居健太郎のコメント

”ナイルでは挑戦者の背中を押すカルチャーを大切にしています。優秀な社員が独立してしまうのは損失だ、という考えではなく、あくまで「そういう文化があるからこそ優秀な社員が集まってくるはずだ」「さらに、ナイル出身の優れた経営者が世の中に増えていくことは、ナイルにとってもポジティブになるはずだ」という考えのもとで制度を設計しています。直近では予定していないが将来自分で会社作って自分でビジネスやってみたいという社員や、これからナイルに入社される方も、ぜひ制度を活用していってもらえればと考えております。”

ナイルでは、今後も事業家人材輩出に繋がる人事制度導入や組織作りを行い、社員の新たな挑戦を応援していきます。

【ナイル株式会社について】
2007年創業。「幸せを、後世に。」をミッションに掲げ、デジタルノウハウを強みに、マーケティングDX事業と自動車産業DX事業を展開する。

住所: 東京都品川区東五反田1丁目24-2 東五反田1丁目ビル7F
設立: 2007年1月14日
代表者: 代表取締役社長 高橋飛翔
資本金:5,575,839,665円(資本準備金等含む)
事業内容: マーケティングDX事業、デジタルマーケティング事業、メディアテクノロジー事業、自動車産業DX事業
URL: https://nyle.co.jp/

【本件に関するお問合せは下記まで】
担当:広報室 広報担当 渡邉
TEL:03-6409-6766
e-mail:press@nyle.co.jp

back to top