役員略歴

  • 代表取締役社長
    高橋 飛翔
    1985年生まれ。東京大学法学部卒。幼い頃から「世の中に残るものを作る」を目標に据え、これを実現すべく大学在学中にナイル株式会社を創業。「デジタルマーケティングで社会を良くする事業家集団」ナイルを牽引し、法人顧客向けデジタルマーケティング支援事業や自社メディア事業を立ち上げ。2018年より新規事業として、モビリティ領域における新たな事業モデルの構築に取り組む。
  • 取締役
    コーポレート本部管掌
    長澤 斉
    1985年生まれ。中央大学法学部卒。2007年よりインターン生としてナイル株式会社に参画。デジタルマーケティング事業においてセールス業務に従事しつつ、管理本部の構築を担う。その後執行役員を経て、2010年、取締役に就任。コーポレート本部担当として法務・財務・会計・IRなどバックオフィス関連業務全般を幅広く管掌する。
  • 取締役
    メディアテクノロジー事業本部 本部長
    高階 良輔
    1981年生まれ。ゴム関連部品製造ベンチャーにて品質管理や工場立ち上げ、新工法開発の責任者を歴任。2010年よりナイル株式会社に営業社員として参画。同年11月よりデジタルマーケティング事業部 副部長に就任しSEOサービスの品質向上に従事。その後執行役員を経て、2014年、同社取締役に就任。メディアテクノロジー事業本部担当として、現在に至るまで同事業の成長を牽引する。
  • 取締役 人事本部 本部長
    土居 健太郎
    2008年に東京大学工学部中退後、フリーターとして活躍。2009年、成り行きでナイル株式会社に入社。2010年より事業部長としてデジタルマーケティング事業の立ち上げを牽引。2015年、同社取締役に就任。2016年からはメディア事業部に異動、自社サービス「Appliv」サービス責任者を経て、同事業における新規サービスの立ち上げを担当。2021年1月に人事本部 本部長に就任、現在は人事責任者として主に採用と組織開発を担当。著書に「10年つかえるSEOの基本」がある。
  • 社外取締役
    成松 淳
    監査法人トーマツを経て株式会社東京証券取引所に民間企業からの出向者第1号として出向し、各種の上場管理業務に従事。2007年1月に当時従業員が10名程度であったクックパッド株式会社に参画し、2007年6月に取締役CFO、同社の委員会設置会社移行後には執行役CFOに就任。一から管理体制の立ち上げを進め、2009年7月の東証マザーズへの新規上場、2011年12月の東証一部への市場変更を主導した。2012年3月に同社執行役を退任した後はミューゼオ株式会社を設立し、「大切なモノとの生活をもっと楽しみに」というミッションのもと、サービス開発・運営に取り組む。2013年5月、ナイル株式会社社外監査役に就任。2015年5月、監査等委員である取締役、社外取締役に就任。2018年4月、 社外取締役に就任(現任)。
  • 社外取締役
    岸村 俊哉
    東京大学工学部卒、同大学院工学系研究科修了。博報堂にて、主に通信・ハイテク・インターネット企業のマーケティング戦略立案、アドテクノロジーを活用したデジタル領域の事業開発、テクノロジーベンチャー企業の戦略投資に従事。2019年、INCJ(旧産業革新機構)入社、ベンチャー・グロース投資およびハンズオンでのバリューアップ支援に携わる。2020年8月よりJICベンチャー・グロース・インベストメンツ(VGI)に参画。
  • 社外取締役
    大村 尚子
    中央大学商学部卒・公認会計士。1997年、監査法人トーマツ入所。製造業、サービス・流通、大手商社・銀行など多種多様な業種の金商法・会社法監査をはじめとし、米国基準、IFRS基準の会計監査や公開支援業務等に従事。近年は、監査業務と監査管理ソフトや監査用ツールの導入・教育研修業務を兼務。2013年10月、監査法人トーマツ退所。2013年11月、ナイル株式会社社外監査役に就任。2015年5月、監査等委員である取締役(常勤)、社外取締役に就任(現任)。
  • 社外取締役
    戸嶋 浩二
    2000年に弁護士登録、森綜合法律事務所(現・森・濱田松本法律事務所)に入所し、2009年より同事務所パートナーに就任。東京証券取引所上場部への出向経験を活かし、会社法・金商法関連の業務を中心に、コーポレートガバナンス、M&A/コーポレート案件、IPOなど資本市場に関連する業務、スタートアップを含むエクイティファイナンス案件のほか、MaaS、自動運転、ドローンなどの先進技術の規制に携わる。2016年7月にナイル株式会社社外取締役に就任。2018年4月、監査等委員である取締役、社外取締役に就任(現任)。
  • 社外取締役
    富田 寛之
    1996年4月に東京弁護士会にて弁護士登録、一橋綜合法律事務所勤務中にCalifornia Western School of Lawに留学し、LLMを取得。企業法務、一般民事訴訟を中心に業務を行っていたが、2001年にインターネット掲示板2ちゃんねるとの訴訟を担当して以降、インターネット関連訴訟、インターネットサイトの開設、運営にあたっての法的サポート、著作権その他知的財産権に関する業務を行う。2005年2月に独立し、千鳥ヶ淵法律事務所を設立。同事務所において、司法書士、弁理士等と提携し、企業法務に関するワンストップのリーガルサービスを提供している。また、インターネット分野においては、検索サービスに関する訴訟、仮処分などネット被害者の救済にも取り組んでいる。2013年5月、ナイル株式会社社外監査役に就任。2015年5月、監査等委員である取締役、社外取締役に就任(現任)。
  • 執行役員
    梅本 雄二
    大企業向けBtoBのSIerを経験し、スマホの登場を機にBtoCスマホアプリ・Webサービスの受託開発責任者に。その後Pontaのモバイル系会員基盤システム、EPARKグルメのランチサービスの開発責任者を歴任。2018年にナイル入社。定額カルモくんのサービス企画からカスタマーサポートまでプロダクトの企画・開発・運営全般を担当する傍ら、全社的な情報セキュリティとDX推進も担う。
  • 執行役員 社長補佐
    大谷 昌史
    1981年生まれ。飲食業を経て2008年にナイル株式会社に入社したのち、Webコンサルタントを経て、営業統括、人事担当役員、モビリティサービス事業部 アライアンス責任者及び加盟店開発責任者、デジタルマーケティング事業部 事業部長、社長補佐などを歴任。
  • 執行役員
    小林 直道
    1984年生まれ。明治大学経営学部卒。株式会社ECナビ(現:株式会社VOYAGE GROUP)にて広告営業職およびWebディレクター職、アライアンス担当を歴任後、メディア事業の本部長職として収益向上を推進。その後、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(現:SMN株式会社)へ参画し、DSP事業の営業課長として営業組織を牽引。2020年にナイル株式会社に参画し、モビリティサービス事業のHRBPと全社の組織人事領域全般を担当。
back to top